国歌を歌っただけで中国共産党に拷問され死亡 チベット人歌手

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所が5月2日に公式twitterアカウントで配信した情報によると、2016年にカンゼ・チベット族自治州(四川省)でチベット国歌を歌い、SNSにその動画を投稿していたチベット人歌手ペマ・ワンチェン氏が、その2ヶ月後に当局に拘束・拷問された影響で、2019年4月26日に四川省成都の病院で死亡した。 #チベット 国家を歌った罪で、2016年4月に中国当局に拘束されたチベット人歌手ペマ・ワンチェンさんが、激しい拷問による健康状態の悪化で、先月26日に四川省成都の病院で亡くなりました。2016年2月13日にカンゼで国歌を歌いSNSに動画を投稿、WeChatで広まり、その後逮捕されました。享年31歳でした。 pic.twitter.com/FHsamruPG4 — ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 (@tibethousejapan) May 2, 2019 ダライ・ラマ法王日本代表部事務所:チベット国歌を歌った罪で、2016年4月に中国当局に拘束されたチベット人歌手ペマ・ワンチェンさんが、激しい拷問による健康状態の悪化で、先月26日に四川省成都の病院で亡くなりました。2016年2月13日にカンゼで国歌を歌いSNSに動画を投稿、WeChatで広まり、その後逮捕されました。享年31歳でした。 チベット国歌はインドのチベット亡命政府などで歌われているが、中国共産党に占領されているチベット本土では歌唱が禁止されている。 ダライ・ラマ法王日本代表部事務所の公式サイトに掲載されている、チベット国歌の和訳は以下の通り。仏教国らしい、平和を祈る内容だ。 チベット国歌 輪廻・涅槃における平和と幸福への、あらゆる願いの宝蔵にして 願いを意のままに叶えることができる、宝石の如き仏陀の 教えの光明を輝かせよう そして、仏教と衆生の持宝たる大地を育み、守護する御法神よ 汝の徳の高い偉業の大海が広がり 金剛のように固く、慈悲をもって全てのものをお守りください 百の歓喜を備えた天授の法が、我々の頭上に留まり 四徳の力が増大し チベットの三区全土が、幸福で円満な時代で満たされ、政教が盛行しますように 仏陀の教えが十方に広がることによって 世界中の全ての人々が平安を享受できますように

Read more

韓国「世界の皆さん騙されないで!優勝カップ踏みつけは劣等感まみれの中国が難癖つけてるだけ!中国は反省して謝罪しろ!」⇒ 結果wwwwwww

【韓国選手優勝カップ踏みつけ】 「中国側の劣等感が引き起こした!」韓国メディアが『踏みつけ愚行』のバッシングに猛烈反論! 1: 蚯蚓φ ★ 2019/06/04(火) 14:42:09.37 ID:CAP_USER.net https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/59548_ext_04_0_1559579272.webp?v=1559592785 5月28日に中国・成都で行なわれた国際ユース大会「パンダ・カップ」。その表彰式で優勝したU-18韓国代表の選手がトロフィーを足で踏みつけ、他の選手がカップに向かって用を足す仕草を見せるなど悪ふざけする様子が伝えられ、大騒動に発展した。 中国側が名づけた“トロフィー・スキャンダル”はその後、件の画像とともにアジアを飛び越えて世界中のメディアで発信されるに至り、韓国側への風当たりが一気に強まった。一方で、U-18韓国代表チームの責任者、当該選手、大韓サッカー協会、さらには当該選手が所属する蔚山現代からも真摯な謝罪を受けながら、中国側が優勝の取り消しとトロフィーを剥奪した判断については、賛否が分かれている。 そんななか、中国スポーツ紙『騰訊体育』が韓国大手メディアの主張を掲載し、反響を呼んでいる。なかなか収まらない韓国側へのバッシングに業を煮やしたのだろう。主要テレビ局『MBN』が「一連の過度な批判は、中国サッカーの韓国に対する劣等感が引き起こしたものだ」と論じたのだ。 「確かにU-18韓国チームの振る舞いは許されるものではないが、中国側の批判はもはや度が過ぎている。彼ら中国サッカーが韓国サッカーに対して抱いている劣等感が、まるで一気に噴き出したかのようだ。過剰な報道が続いたこともあって、他の国の人びとまでもが感情的になってしまっている」 さらに、「韓国側はなすべき形での謝罪はすべて行なったはずだ。それでも優勝の権利を奪ったのだから驚きである。どんなに謝ったとしても、彼らは受け入れる姿勢を持たないのだろう」とし、「世界の大国による態度とはとうてい思えない。いまや韓国国内でも反論の声が噴出しはじめている」と記した。そして、「韓国チームが3連勝したのに対し、中国チームは3連敗を喫したうえ、7失点で1ゴールも奪えなかった。彼らは地元で面子を潰されたのだ」とまで書き綴っている。 中国紙『騰訊体育』は別の韓国メディア『MT』の記事も紹介。そのなかでアジア通の英国人記者、ポール・レイディング氏が登場し、今回の一件についてコメントを寄せている。同氏は韓国チーム団が中国側に謝罪する動画を載せつつ、「韓国の若き選手たちは公衆の面前での謝罪を求められた。なんともいただけない中国側の対応だ。実に痛々しい“敗者”とさせてしまったのだから」と疑問を呈した。 はたしてこの“スキャンダル”の余波はどこまで広がり、どう鎮静化するのだろうか。 ソース:サッカーダイジェストWeb<「中国側の劣等感が引き起こした!」韓国メディアが“踏みつけ愚行”のバッシングに猛烈反論!> https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=59548 関連スレ:【韓国選手優勝カップ踏みつけ】「中国が猛批判するのは劣等感から」と韓国メディア「謝罪したのにカップ剥奪おかしい」とも[6/3] ★3 https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1559551993/ 引用元: ・【韓国選手優勝カップ踏みつけ】 「中国側の劣等感が引き起こした!」韓国メディアが『踏みつけ愚行』のバッシングに猛烈反論![06/04] ▼この記事をシェアする ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)

Read more

韓国の歴史が如何にデタラメであるか、アメリカ人歴史家が論破。

ブログ友gre*n*hub*32さんに教えて頂いた動画があります。 アメリカ人歴史家が韓国人の嘘に騙されないよう、グレンデール市で慰安婦の記念碑を建てる決議を出したことに反論しました。 韓国を知る上でも大切なものですので一読をお勧めいたします。長文ですがここに文字を起こして広く周知いたします。 —————– グレンデール市 フランク・クエントロ市議ならびに議会議員の皆様へ グレンデール市議会が永遠に「慰安婦」を記憶するための記念碑を建てる決議を出したことを読み、大変不快で残念に思いました。 それはまるでアウシュビッツの看守を記憶するための記念碑を建てるようなものだから、です。もし私がユダヤ人だったら、侮辱と感じるでしょう。私はユダヤ人ではありませんが、歴史研究者としてこれは歴史の冒涜だと感じています。 皆様は騙されているのです。 戦時中、朝鮮人は日本人でした。そして大日本帝国の成員として生きたのです。 それなのに一転して被害者になろうと彼らが決意したのは戦争直後のことです。 その上、自分たちの国である韓国では、売春婦たちが権利を主張してデモを起こしています。それなのに韓国人は日本を売春の罪で告発するのでしょうか? 自分に火をつけて抗議している韓国人売春婦たち。 もう少し詳しく説明しましょう。 アメリカ合衆国は個人の人権を重んじる国です。特に世界中の女性の権利についてアメリカ人は関心を持っています。ですから「慰安婦」を「性奴隷」という言葉に呼び変えると、アメリカでは大きな反響を引き起こします。しかし、それらの女性達(慰安婦)は本当に奴隷だったのでしょうか? いいえ、違います。 まず、これは残念なことですが、日本でも朝鮮でも戦前、娘を身売りするのはよくおこなわれていたことでした。貧しい家庭にとって家族全員が生きてゆくにはそれしか方法がなかったのです。慰安婦に関して言えば、給与が払われていました。朝鮮人慰安婦の斡旋業者はすべて朝鮮人でした。性奴隷と聞くと大日本帝国軍が朝鮮の村々から泣き叫ぶ朝鮮人女性を無理やり連行しているイメージを思い浮かべてしまいます。しかし、そんな事実はまったくありませんでした。 次のPDFをご覧ください。 117頁に、1944年の新聞に掲載された慰安婦の募集広告があります。 この史料によると、慰安婦の給料は毎月300円です。当時、日本軍の軍曹の給料は一カ月30円でした。韓国政府は日本が去った後、米軍のために慰安婦制度をそのまま活用しました。このことについて私のブログでさらに詳しく書いてあります。 I have written about it extensively

Read more