韓国の工作によって日本のWTOへの「福島産水産物輸入禁止」提訴が覆されていた!

韓国の環境団体「放射能汚染された水産物を入れるな!」 韓国原子力学会が福島水産物安全 福島県産水産物に対する政府の輸入禁止措置が世界貿易機構(WTO)に認められた中、韓国原子力学会が日本政府の立場を代弁する発表で物議を醸している。 韓国原子力学会は21日、ソウル中区、韓国プレスセンターで記者会見を開いて「日本は福島原発事故による放射能の伝播を事故初期からよく統制しており、日韓両国の反原発グループと一部メディアの非科学的な宣伝で多くの国民が不必要な放射能恐怖に陥っている」と明らかにした。 学会はこの日の会見に早野龍五・東京大物理学科名誉教授も招待した。彼は「事故後から学校給食、米、水産物などの農水産物に対する放射能調査を実施した結果、現在は非常に安全な状態に到達した」と話した。 早野教授は「事故直後から約1年間、住民3万人余りに対する内部被爆線量を調査した結果、有効線量が1ミリシーベルトを越える人はいなかった。これに伴い、福島住民が実際に食べている食品の汚染度はきわめて低いという事実が確認された」と付け加えた。 (2019.5.21 聯合ニュース) ——————– 韓国原子力学会が福島水産物は安全であると本当のことを言った。国民が不安がっているのも反原発派などが非科学的な宣伝をしているせいだとも言った。 その韓国は日本産水産物を輸入禁止したままであるが、これは明らかな嫌がらせだということがわかる。 日本のWTOへの提訴は、韓国が福島など8県産(青森、岩手、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、千葉)の水産物を「年間1ミリシーベルト以下の被曝量」としている基準を日本の水産物は満たしており、韓国の輸入禁止措置は不当だと訴えたことによる。 このことに関して青山繁晴議員は「虎ノ門ニュース」(令和元年5月21日)で詳しく内情を述べた。そこにはWTOへの韓国の工作があったと述べた。 —————— 青山繁晴:「5月16日に自由民主党の“水産部会・外交部会・水産総合調査会”が開かれ、農水省や外務省がたくさん出ていていた。 まず福島の海で獲れる水産物は何の問題もない。国際基準からして全く問題ない。僕も買い物をする時、福島産があると必ず買います。 それを韓国やある国々は輸入規制をかけているんです。 それに対して日本はWTOに提訴して、最初、WTOは日本の立場を認めていたのに、上級審になったら覆って『日本の水産物は福島に限らず安全だが、韓国が福島産を規制するのはかまわない』と、無茶苦茶な、WTOの自己否定みたいなことをやった。 このWTOの判断後、安倍総理はEU首脳との会合で『WTOの上級審の委員は7人であるはずが、トランプ政権がWTOはおかしいと言って委員を出さないために3人しかいない。WTOの上級審7人で3人しかいないということは定足数すら満たしていない。このようなWTOを改革しなければいけない。大阪のG20でそれを実行します』と明言して、それがEUとの共同声明にも盛り込まれた。 部会で外務省は『韓国が上級審で工作活動をしていた』とさらっと言った。この韓国の工作活動というのは、WTOの上級審の委員とは会うことも出来ない、働きかけもダメなのに、韓国は接触していた。韓国がやっていたというのは世界の常識になっている。 なのに、なぜ外務省は上級審が7人が3人しかいないことや上級審が韓国と接触していたことをWTOに追及しないのか、と私は述べた。(以上、文字起こしここまで) —————— 結局、韓国はWTOで自国に有利な発言をしてもらうために、禁止されているWTO上級審と接触して、日本の提訴を覆して韓国の福島産などの輸入禁止を認めさせたのだ。 しかもこの事実を世界中が知っているという。 当事者である日本人だけが「韓国の工作」を知らないのだ。 マスコミも報道しないし、外務省もさらっと言うだけで問題視していない。

Read more

山尾志桜里議員 国会に無届けで倉持麟太郎氏と海外旅行に

山尾志桜里衆院議員が倉持弁護士と「国会に無届け海外旅行」 立憲民主党所属の衆院議員・山尾志桜里氏(44)が、国会で定められた手続きをとらず、海外旅行をしていたことが「週刊文春」の取材でわかった。 【写真】山尾氏の海外旅行に同行した倉持弁護士 山尾志桜里氏 ©共同通信社 同行したのは、一昨年「週刊文春」が報じたダブル不倫(当時)のお相手で、現在は山尾氏の政策顧問を務める弁護士の倉持麟太郎氏(36)。2人は4月27日、16時20分羽田発の飛行機でロサンゼルスに出発していた。 たとえ休日でも、国会議員が会期中に海外旅行をする場合、所属する院の議長に請暇願を旅行計画書とともに提出する必要がある。議院運営委員会の理事会に諮り、了承されなければ海外に行くことは許されない。 「週刊文春」が、請暇願を出して許可を受けた議員の名前が記載される「衆議院公報」を調べたところ、GW中に海外に行った議員名がずらりと並ぶ中、山尾氏の名前はどこにも見当たらなかった。 衆議院事務局秘書課に問い合わせると、「山尾議員が今会期中、請暇願を出されたことはありません」との回答があった。 「週刊文春」は山尾氏の事務所に対し、5月20日午前に書面で事実関係の確認を求め、同日夕刻には山尾氏本人にも直接取材を申し入れたが、21日の締切時刻までに、回答はなかった。 5月23日(木)発売の「週刊文春」では、引退説も囁かれる山尾氏の近況や立憲民主党内での評判とあわせて、詳報している。 (「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年5月30日号) ▼この記事をシェアする ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)  

Read more

山尾志桜里衆院議員が倉持弁護士と「国会に無届け海外旅行」

立憲民主党所属の衆院議員・山尾志桜里氏(44)が、国会で定められた手続きをとらず、海外旅行をしていたことが「週刊文春」の取材でわかった。 同行したのは、一昨年「週刊文春」が報じたダブル不倫(当時)のお相手で、現在は山尾氏の政策顧問を務める弁護士の倉持麟太郎氏(36)。2人は4月27日、16時20分羽田発の飛行機でロサンゼルスに出発していた。 たとえ休日でも、国会議員が会期中に海外旅行をする場合、所属する院の議長に請暇願を旅行計画書とともに提出する必要がある。議院運営委員会の理事会に諮り、了承されなければ海外に行くことは許されない。 「週刊文春」が、請暇願を出して許可を受けた議員の名前が記載される「衆議院公報」を調べたところ、GW中に海外に行った議員名がずらりと並ぶ中、山尾氏の名前はどこにも見当たらなかった。 衆議院事務局秘書課に問い合わせると、「山尾議員が今会期中、請暇願を出されたことはありません」との回答があった。 「週刊文春」は山尾氏の事務所に対し、5月20日午前に書面で事実関係の確認を求め、同日夕刻には山尾氏本人にも直接取材を申し入れたが、21日の締切時刻までに、回答はなかった。 5月23日(木)発売の「週刊文春」では、引退説も囁かれる山尾氏の近況や立憲民主党内での評判とあわせて、詳報している。 ▼この記事をシェアする ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)  

Read more

韓国「日本に通貨スワップを締結させる良い方法を思いついた!これは日本人も納得せざるを得ない」

【ワロタw】 韓国紙「そろそろ、日本に通貨スワップを結ばせるべきだ おだてればどうにでもなる」 1: 名無しさん@涙目です。(アンゴラ) [JP] 2019/05/21(火) 19:14:42.01 ID:uq8hvdaN0● BE:565421181-PLT(13000).net 蟻地獄に堕ちた韓国経済 中央日報のコラムニスト、イ・チョルホ記者の「危機の韓国経済、韓日通貨スワップ復元など最後の 安全弁を用意する時」(5月15日、日本語版)によると、協議団と会ったある韓国のエコノミストはこう語った。 日本語を手直しし引用する。 イ・チョルホ記者も今、IMF危機を思い出しているのだろう。 「危機の韓国経済、韓日通貨スワップ復元など最後の安全弁を用意する時」で、日本と通貨スワップを結べ、 と主張した。以下である。 《 まともな政府なら今ごろ、韓米通貨スワップは難しいとしても、韓日通貨スワップ程度は復元して 最後の安全弁を用意しなければいけない。しかし危機意識がないというのがさらに大きな危機だ。》 蟻地獄に堕ちた韓国経済。ずぶずぶと砂の底に沈んでいくのを食い止めるには、通貨スワップという綱を 日本に結ばせるしかない、との判断だ。 しかし、これだけ日韓関係が悪化しているのだ。日本はスワップに応じるのだろうか。 韓国では「日本にドルを持ってこさせればよい」との意見がいまだに語られる。 イ・チョルホ記者だけではない。「日本の政治家や役人はおだてに弱い。 最後はスワップに応じるはずだ」と語る日本通の韓国人がけっこういる。 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190521-00562168-shincho-kr&p=2

Read more

飯塚幸三事件に新展開!!! トヨタがやばいことになるwwwwwwww

飯塚幸三さん「ブレーキをかけたが、きかなかった」これマジで事実ならどうなるの? 1: 名無しさん@涙目です。(禿) [DE] 2019/05/17(金) 18:46:45.38 ID:/HA6a7AQ0 BE:971283288-PLT(13000).net 東京・池袋で車が暴走し、母子が死亡した事故で、運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(87)が警視庁の任意聴取に 「ブレーキをかけたが利かなかった」と説明していることが17日、捜査関係者への取材で分かった。 ソース 共同通信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190517-00000148-kyodonews-soci 4: 名無しさん@涙目です。(東日本) [JP] 2019/05/17(金) 18:47:59.46 ID:x3SKCqLX0.net ブレーキが利かなかったのか。 だったらしょうがないな。 10: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [CZ] 2019/05/17(金) 18:49:35.07

Read more

有田芳生「丸山穂高は戦後最悪の国会議員!即刻辞職しなければなりません!」

戦後最悪の国会議員って、また自分のこと言ってるのか? 立憲民主党の国会議員って、自分のことはさておき、他人のことを平気で批判できる神経が素晴らしいね。 戦後最悪の国会議員って、また自分のこと言ってるのか?立憲民主党の国会議員って、自分のことはさておき、他人のことを平気で批判できる神経が素晴らしいね。 pic.twitter.com/baS0wmK8mH — Mi2 (@YES777777777) May 15, 2019 ▼この記事をシェアする ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)  

Read more

東海第二原発の住民説明会に行ったら極左集会状態! ヤジと暴力と言いがかり

た。 再稼働するには周辺6市村の承認が必要になる。 しかし各市村の長は「市民が決める」という逃げ腰である。市民から選ばれた長が物事を決められず、責任の一端を市民に押し付けるようなやり方しかできない者は首長になるな、と思う。 さて、その東海第二原発の住民説明会(日本原電主催)が令和元年5月16日に茨城県日立市(サンピア日立)で行われた。 はっきり言うと、こういう説明会があるのは地元市民はほとんど知らない。こういう情報を共有してよく知っているのは反原発派ぐらいである。 保守の会で私を含めて5人で参加した。もちろん我々は「再稼働」の考えである。 しかし会場内のそれは「住民説明会」ではなく「極左集会」状態であった。 この日は約100名ほどの参加で、地元ではない反原発派が多く来ていた。地元では共産党市議が何人か連れて来ていた。廊下でまとまっていた10名ほどの集団は会場内に入るとあちこちに散らばって座っていた。 たぶん原発推進は我々5名と他に数名いるかいないかで、他はみんな反原発派である。 説明会が始まると、まず司会が「ヤジなどはしないようにお願い」し「場合によっては退場願う」とも言っていた。 そういう重い空気の中で、最初は日本原電から東海第二原発の現状説明があり、その後、反対派が手ぐすね引いて待っていた質疑が始まった。 司会から「質問は地元の市民の方とさせていただきます」と言って挙手を求めた。 まず反対派が質問した。質問内容は事前に紙に書いてきた文章を長々読み上げていた。 次の反対派は「費用対効果を考えたら原発はやめるべきだ」と言った。 次は「原発は100%安全なのか?100%でなければ絶対に動かしてはいけない」というのもあった。 そして保守の会の有志が「東海第二原発で事故があった場合の健康被害」についての質問をした。この質問をしている最中に反対派から「そんな質問すんなよ」との小声が聞こえた。 その後、他の質問は全員反対派の質問で、どれもこれもどうでもいいような妄想で非科学的なくだらない質問であったが、我慢して黙って聞いていた。 それに対する日本原電の説明は理路整然としてしっかりしていた。というよりいつもの反原発派の質問に慣れている、という感じがした。 そして最後ということで私が手を上げると当てて頂いた。 ここからが本日のメインである。 私はこう切り出した。「私は今までの方々と違い、原発は早く稼働すべきだという考えです」。 すると「何言ってんだ!」というヤジが聞こえた。反原発派は自分達と違う意見は潰そうとする。たぶん彼らは私が原発反対の声を上げると思っていたのだろう。 しかしそうはいかない。 後で聞いた話だが、今までの住民説明会は4回(1回に20か所くらい)行われてきて、一度も再稼働を言った人はいなかったという。 つまり私が初めて「原発を早く動かせ」と言ったという。

Read more

丸山穂高議員が「報復」示唆。辞職勧告の動きに「ほかの議員の不祥事を世に問いかける」

衆院本会議で質問する丸山穂高議員=2015年2月、東京・国会 北方四島ビザなし交流に参加した丸山穂高・衆院議員(大阪19区)が元島民の男性に対し、戦争で島を取り返すことへの賛意を引き出そうとするかのような発言をした問題で、与野党が批判を強めている。 野党側は、丸山氏に辞職勧告決議を求める議案の提出を検討し始めた。これに対し、丸山氏はTwitterでほかの議員の不祥事を問題にするなどと「報復」を示唆。対立が深まっている。 朝日新聞デジタルなどによると、問題発言があったのは5月11日夜。丸山氏はビザなし訪問団の一員として国後島を訪問中で、当時、ロシア側との公式行事が終わった後、島にある施設「友好の家」で訪問団のメンバーらと懇談中だった。 丸山氏は酒に酔いながら、国後島出身で訪問団の団長を務めていた大塚小弥太さん(89)に対し、「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか」などと質問した。 大塚さんがなんども戦争を否定しているのにも関わらず、「戦争しないとどうしようもなくないですか」などと、戦争によって島を取り返すことに賛成を求めるかのような問いかけを繰り返した。 2人のやり取りは以下の通り。 丸山氏「団長は戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか」 大塚氏「戦争で?ああ、反対、は、はんた…」 丸山氏「だからロシアが混乱しているときに、取り返すのはオーケーですか」 大塚氏「いや、戦争なんて言葉は使いたくないです。使いたくない」 丸山氏「でも取り返せないですよね」 大塚氏「いや、戦争したって…戦争するべきではない」 丸山氏「戦争しないとどうしようもなくないですか」 大塚氏「いや、戦争は必要ない」 (中略) 丸山氏「何をどうしたいんですか」 大塚氏「え?」 丸山氏「何をどうしますか」 大塚氏「何をですか」 丸山氏「うん。どうすれば」 大塚氏「どうすれば、って何をですか」 丸山氏「うん」 大塚氏「いや、何をどうすればいいって言って…」 丸山氏「この島を。この島を」

Read more

韓国政府「日本さん、ごめんなさい。もう限界です」

【韓国首相】 「政府対策には限界」=司法手続き進む徴用工判決 1: 荒波φ ★ 2019/05/15(水) 14:44:50.72 ID:CAP_USER.net 【ソウル時事】 韓国の李洛淵首相は15日、元徴用工らの訴訟で韓国最高裁が日本企業に賠償を命じた判決を受けた政府の対応について「司法手続きが進められている事案に対し、政府対策を打ち出すには、基本的に限界がある。さまざまな論議をしたが、結論は限界があるということだ」と述べた。ソウル市内で行われた討論会で語った。 李氏は、政府対応の取りまとめを主導してきたが、具体的な対策を早期に講じるのは難しいという認識を明確にした形だ。 李氏は「司法手続きが進行していることに対し、行政府が出て何かしても、今までの経験を見れば、成功を収めることはできなかった。三権分立の原則にも合わない」と指摘。「行政府が代案を出しても、効果の保証はない」とも述べた。 2019年05月15日14時31分 https://www.jiji.com/jc/article?k=2019051500743&g=int 2: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/05/15(水) 14:46:02.19 ID:f8OkBaTV.net じゃあ破滅へ向かって全力疾走だ!! 632: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2019/05/15(水) 16:31:45.51

Read more