民民・森ゆうこ「自民党を勝たせたら消費税10%の大増税!もう暮らしていけない!もう商売続けられない!野党を勝たせてください!」

自民党を勝たせたら 消費税10%の大増税 もう暮らしていけない! もう商売続けられない!#参議院選挙は野党を勝たせてください!#森ゆうこ #国民民主党 自民党を勝たせたら消費税10%の大増税もう暮らしていけない!もう商売続けられない!#参議院選挙は野党を勝たせてください!#森ゆうこ #国民民主党 — 参議院議員森ゆうこ (@moriyukogiin) July 10, 2019 ▼この記事をシェアする ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)  

Read more

【無慈悲】北朝鮮が韓国に兵器実験を警告 

2019年07月11日18:39 | カテゴリ:韓国 北朝鮮 1: Toy Soldiers ★ 2019/07/11(木) 17:36:45.88 ID:n+6LITxT9 北朝鮮の朝鮮中央通信は11日、韓国が進める最新鋭ステルス戦闘機F35Aの配備について「南朝鮮(韓国)が増強する殺人装備を焦土にする特別兵器の開発と試験をせざるを得なくなった」と警告する北朝鮮外務省関係者の談話を報じた。特別兵器が何を指すかは言及して 続きソース https://www.nikkei.com/article/DGKKZO47223490R10C19A7EAF000/ 引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1562834205/ ▼この記事をシェアする ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)  

Read more

【テロ速報】参院選 自民・和田政宗議員、野党支持者に襲撃され殴られる 宮城県警に被害届提出へ

2019年07月10日22:37 | カテゴリ:事件・事故政治 1: 断崖式ニードロップ(愛媛県) [US] 2019/07/10(水) 21:09:11.15 ID:0Ynk7w/B0 自民・和田政宗氏たたかれる 菅氏と選挙運動中、仙台 10日午後4時ごろ、参院選比例代表に立候補している自民党現職の和田政宗氏(44)が、選挙応援に来た菅義偉官房長官と練り歩いていた仙台市青葉区の商店街で、通行中の男性に胸の辺りを素手でたたかれた。和田氏は「胸に違和感がある」と話している。菅長官にけがはなかった。 和田氏は「選挙妨害で、許されない。毅然とした態度を取る」と述べ、被害届を出すかどうか宮城県警と相談する方針。和田氏によると、無言で近づいてきた白いシャツの中高年男性から2回強く押すようにたたかれた。男性は立ち去った。当時、菅長官に握手や写真を求める人たちが大勢いたが、目立った混乱はなかった。 和田先生が襲撃される直前の写真です。 現場をご覧になった方は ぜひ情報提供をお願い申し上げます。 こんな卑劣な行為を許してはならない。 中央の白シャツの男性が犯人です。#和田政宗 #菅義偉  #参議院議員選挙2019 和田先生が襲撃される直前の写真です。現場をご覧になった方はぜひ情報提供をお願い申し上げます。こんな卑劣な行為を許してはならない。中央の白シャツの男性が犯人です。#和田政宗 #菅義偉  #参議院議員選挙2019 pic.twitter.com/WTVvD4fHNJ — ボギーてどこん(再起動宣言おきなわ) (@fm21wannuumui)

Read more

( ´_ゝ`) 韓国国防部「朝鮮半島有事発生時、日本は戦力提供に参加できない。我々の同意が前提となる」

2019年07月11日16:31 / カテゴリ:韓国 1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/07/11(木) 15:33:50.95 ID:CAP_USER 朝鮮半島有事発生時の戦力提供 日本は参加できず=韓国国防部 米軍主導の在韓国連軍司令部が朝鮮半島有事の際に戦力の提供を受ける国に日本を含める方針とされる問題で、韓国国防部のノ・ジェチョン副報道官は11日の定例会見で「日本は朝鮮戦争の参戦国でないため、戦力提供国として活動できない」と述べた。「国連軍司令部の参謀として活動する場合には当然、韓国国防部と協議した上で可能になる」としながら、このような立場を表明した。 国連軍には韓国と米国をはじめとする18カ国が参加している。国連軍司令部はこれらの国を、朝鮮半島で有事が発生した場合に国連の旗を付けて兵力と装備を支援する戦力提供国と呼んでいる。 ノ氏は「国連司令部の戦力提供国は1950年に採択された国連安全保障理事会決議に従って国連軍司令部に戦力を提供した国のうち、朝鮮半島で戦争が再発した場の参戦を決議した戦闘部隊派遣国」と説明。日本の参加については「(米国と)議論したことがなく、検討したこともない」と述べた。 また、ドイツの参加にも否定的な立場を表明した。ノ氏は「国連司令部に参加する国は韓国の要請により韓国の自衛権行使を支援するため派遣された。新たな派遣にはわれわれの同意が前提となるのが当然だ」と述べた。 [聯合ニュース 2019.7.11] https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190711001600882?section=japan-relationship/index 元スレ 【韓国国防部】朝鮮半島有事発生時の戦力提供 日本は参加できず「新たな派遣にはわれわれの同意が前提となるのが当然だ」[7/11] ▼この記事をシェアする ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)  

Read more

元外交官「昔は中韓との揉め事を大きくしないために知恵を絞り静かに協議して両方がWIN-WINになるような解を出してきた!」

田中均 元外交官「こういう(日韓の)話は一杯あった。それを収めるために知恵を絞り、静かに協議をして両方がWIN-WINになるような解を見出してきた」 ひたすらワガママを許すことをWIN-WINとは言わんでしょ。近年の韓国の無茶苦茶な言動は、過去の常に弱腰で無責任な外交の帰結では。#primenews 田中均 元外交官「こういう(日韓の)話は一杯あった。それを収めるために知恵を絞り、静かに協議をして両方がWIN-WINになるような解を見出してきた」 ひたすらワガママを許すことをWIN-WINとは言わんでしょ。近年の韓国の無茶苦茶な言動は、過去の常に弱腰で無責任な外交の帰結では。#primenews pic.twitter.com/8g8glDDGV0 — 雨雲 (@amagumo02) July 10, 2019 ▼この記事をシェアする ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)  

Read more

【韓国の反応】「韓国ホワイト国除外」賛成する日本人が98%…固く団結した日本人の本音

「韓国ホワイト国除外」賛成98%…固く団結した日本の本音 #1.日本経済産業省は貿易規制上の優遇措置対象である「ホワイト国」リストから韓国を除外する方案に対し、インターネット上の世論調査(パブリック コメント)を1日から実施している。 調査は24日に終わる。 9日、テレビ東京の報道によると最初の第1週目に寄せられた6300件の意見のうち賛成が98%となる6200件余りだった。反対は60件。 テレビ東京は「政策と関連して意見を聞く『パブリックコメント』に意見がこのように殺到したのは極めて珍しい」と伝えた。 #2.日本の政論紙のある論説委員は「電子版有料読者の反応を見ると、70~80%程度が今回の措置を肯定的に評価している」と話した。 「韓国が約束を守らないのでこれ以上我慢するのも限界がある」として安倍晋三首相の立場に同調するか、「日本が腹を立てているということを示さなくてはならない」という意見が特に多いという。 #3. 報道機関の世論調査結果も似たようなものになっている。 TBS系列のニュースネットワークJNNが8日に発表した結果によると、今回の措置が「妥当だと思う」という回答が58%、「妥当だと思わない」が24%だった。 NHK調査でも「適切な対応だ」という回答が45%、「不適切な対応だ」が9%だった。「どちらともいえない」は37%だった。 韓日関係に精通した日本の消息筋は「徴用問題に対する日本政府の対応に国民70%が支持してきた結果と比較すると「妥当」「適切」の回答はやや低くなるものの、全体的には肯定反応が優勢だ」と話した。 #4.参議院選挙(21日)を目前にした野党も無視できない国民世論だ。 7日、フジテレビの「党首討論」に登場した野党代表も安倍首相の今回の措置に反旗を翻すことができなかった。 国民民主党の玉木雄一郎代表は「一旦(戦いを)することにしたのなら、またWTO(世界貿易機関)で争うのなら、絶対に負けてはいけない」と話したりもした。 韓国に友好的だった連立与党・公明党の山口那津男代表も「信頼関係が損なわれたのであれば(韓国に対する)優遇措置をしないのが妥当だ」と話した。 #5.日本経済団体も同じだ。 韓国の全国経済人連合会(全経連)に該当する経団連の「ナンバー2」である古賀信行・審議員会議長(野村ホールディングス会長)は9日、韓国との紛争に懸念を示しつつも「今回は韓国側に頑な対応があったと思う」と述べた。 韓国との交渉に関しては「政権と政界に任せる」として距離を置いた。 問題解決のために安倍首相など政界に圧迫を加える考えはないという意味だ。 ソニーのコンピュータ事業部門が独立した「VAIO(バイオ)」が韓国以外の半導体調達処を検討する予定という記事も10日に出てきた。 輸出規制措置が発表された後、韓国ではこれまで「日本国内でも安倍首相の措置が批判を受けている」という点が浮き彫りにされていた。 最初は日本でも「自由貿易の先頭に立ってきた日本が取るべきではない措置」など批判的主張が強かった。 だが、一般世論が確認されたことでこうした論調は弱くなっている。 「約束を守らない韓国をどのように信じるか」という安倍首相の言葉がさらに力を得て、政治・経済・社会各部門が一つにまとまっている。

Read more

【韓国の反応】韓国人「韓国マスコミよ!日本メディアが今こぞってムンジェインを批判していることを報道しないのは何故だ?」

日本中が安倍政府を批判?国益に役立たない韓国メディアの「選別的編集」東亜日報7月4日付の報道事例分析 チャンブスン (筆者のチャンブスンは現在、日本関西外国語大教授で、国際政治と外交政策を教えている。 2000年に外交官試験を首席合格した後、15年間韓国外交部で働いていた。) 7月1日に発表された日本の韓国への輸出規制措置により、韓国の世論が熱い。 日本の輸出規制措置の内容、日本政府の意図、今回の措置が両国の経済に与える影響など、複数の分析記事がどんどん出ている。 韓日両国のメディア報道すべてに接している筆者としては、今回の事態に対する韓日両国の世論の過程を見ながら、両国間の深い認識ギャップを発見することができた。 韓国メディアと専門家たちの多くが、日本の記事の中から好みに合う部分だけを選択・編集し、日本の世論を誤って伝えている。 筆者はこの記事で、韓国の輸出規制に対する日本の実際の世論とこれに対する韓国のマスコミの歪曲の実態を事例を挙げて伝えようと思う。 日本のマスコミは一方的に安倍政府だけを批判しているのではない 日本国内には、韓国に対する日本政府の貿易報復措置を批判する世論はもちろんある。 しかし、それと同時に、事態がこの状況に至ったのは、一次的にはムンジェイン政府の誤ちのせいだという見方も少なくない。 事態が及ぼす影響についても日本メディアは、今回の輸出規制によって、日本側の部品、素材供給会社が得る被害や、韓国が輸出の多様化したり逆報復措置などをした場合の被害を懸念しながらも、最終的に被害の規模は韓国側のほうが大きいと予想する見方が多い。 事実、安倍政府に対してのほとんどの日本のマスコミの批判の核心は、韓国を中心に置いていない。 今回の輸出規制措置について、日本のマスコミの批判のうち最も大きな部分は、日本が米国に沿って行ってはならないということだ。 すなわちトランプ大統領のような行動をしてはならないというものである。 言い換えれば、日本メディアが見るに、事態がこんなふうになった一次的な責任は韓国側にあるし、被害も韓国側のほうが多く受けるというものだが、だからといって貿易を外交紛争の手段として使用するのはトランプ大統領と同じようなことをするものであり、自由フェアトレードに基づく世界秩序を維持するために、国家の利益がかかっている日本としては、そのような「トランプと同じこと」をしてはならないというものである。 見たいものだけを見ている韓国メディアと知識人たち しかし韓国のマスコミの報道を見ると、日本のメディアの報道のうち特定の側面、つまり安倍政府の今回の措置について懸念を表明している側面に照明をあてるだけで、韓国政府の責任を指摘し、韓国政府の立場の変化を促す部分については沈黙している。 たとえば世宗大学の保坂祐二教授は7月5日、YouTubeに公開したキムオジュンの番組に出演し、「現在安倍政府の肩を持っているのは産経新聞だけ」と言った。 保坂教授はまた、「他のすべての日本メディアは安倍政府の今回の措置を貿易報復といって批判していて、外交で解決すべき問題と言っている」と言った。 間違った言葉ではない。 しかし保坂教授は、ほぼすべての日本のメディアが韓国政府に対して投げているメッセージについては何も言わなかった。 中道系列の日経新聞は7月1日付の社説最初の段落で「徴用工問題の1次的責任は韓国側にあるので是正を要求するのは当然だ」と書いた。 進歩系の朝日新聞は7月3日付の社説で「徴用工の問題では韓国政府の対応に問題がある。先月韓国側が出した案は、日本企業が資金を出すことが前提となっているので、日本側としては受け入れ難い」と指摘した。

Read more

韓国メディア「天皇は安倍を説得し事態を解決すべきだ 韓日は同じ血が流れる同胞である」

2019年07月10日19:49 | カテゴリ:韓国 北朝鮮 1: マスク剥ぎ(大韓民国) [US] 2019/07/10(水) 18:30:38.63 ID:vDNsAfRZ0 ※韓国語版の翻訳です 韓日間の感情悪化… 日本の徳仁天皇の介入を促す 安倍首相は、半導体の一部先端部品など大韓民国の輸出について弾圧を加える発言をした。桓武天皇の時期である8世紀にさかのぼると、日本人と韓半島人が民族だったことを、明仁天皇自らが言ったこと。韓日間は、このように同じ血が曇りのあるもの。地理的にも近い韓日間は、同じ血が流れていることを歴史認識として受け入れなければならない。 このような時期になるヒート日本の天皇が、安倍首相の対韓国輸出規制政策の変化に関与してほしい。徳仁チョンファンは「世界平和を切に望む」と述べた。世界平和の前に、日韓間の平和的関係の回復に努めてもらいたい。 http://breaknews.com/sub_read.html?uid=666066 ▼この記事をシェアする ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)  

Read more

【速報】韓国外相ブチギレ「証拠を提示するよう求めている」 日本主張の『不適切な事案があった』に対し

2019年07月09日21:43 | カテゴリ:韓国 北朝鮮 1: 2019/07/09(火) 21:25:00.72 ID:CAP_USER 韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は9日、日本が韓国向け半導体材料の輸出管理を強化した背景について「不適切な事案」があったとしていることに関連し、「日本側に説明を要求したが、まだ説明が提供されていない」と明らかにした。国会の対政府質疑で最大野党「自由韓国党」の尹相現(ユン・サンヒョン)議員の質問に答弁した。 康長官は「日本に対し、証拠の提示なしに問題があると発言したことに抗議し、証拠を提示するよう求めている」と説明した。また日本とは過去の歴史問題とその他の分野を分けて対応する「ツートラック戦略」を推進するのが基本的な立場だとした上で、「日本がこれに応じず、難しい状況になった」と強調した。 https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190709004200882?section=politics/index 聯合ニュース 2019.07.09 19:28 引用元: http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1562675100/ ▼この記事をシェアする ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)  

Read more

【韓国の反応】韓国全経連「日本に報復してはいけない。不買もいけない。むしろ日本に追加報復されて韓国だけ被害が拡大する」警告

全経連「日本への報復は韓国の被害拡大」警告、なぜ? グォンテシン副会長「日本の2・3次追加報復の口実になる。 日本製品の不買・旅行のキャンセルも紛争の悪化をもたらす」 韓日葛藤の原因の根本的な解決策を考えるべき」 チョンインギョ教授「サミットで過去問題を解決するべき」 日本の輸出規制のため韓国内に否定的な世論が高まっているなか、全経連が日本に対する報復はむしろ日本の追加報復の口実を提供し、韓国の被害だけが拡大する可能性が高いと警告した。 全経連のグォンテシン常勤副会長は10日午後、ソウル汝矣島全経連会館で開かれた「日本経済制裁の影響と解決策緊急セミナー」で「一部では、私たちの政府も輸出制限をはじめとする通商政策で対抗しなければならないという主張が出ているが、日本の2次、 3次報復の根拠に利用されるし、日本産製品不買運動や日本旅行キャンセルも、紛争を解決するよりも悪化させるだろう」と主張した。 続いて「政府は韓日葛藤の原因を特定し、根本的な解決策を見つけることを優先するべきである」と述べた。 日本は輸出規制の理由として、韓日間の信頼関係の損傷を提示しているが、日本強制徴用賠償判決が発端になったという分析が多い。 全経連傘下の韓国経済研究院のチョギョンヨプ選任研究委員は、韓日貿易紛争の経済的影響の分析で、「日本の素材輸出規制は、関税の賦課より経済的波及効果がはるかに大きい」とし、「日本の輸出規制で国内の半導体材料が30%不足すると、韓国の国民総生産(GDP)は2.2%、日本は0.04%、それぞれ減少し、韓国の被害が大きくなる」と予想した。 また、「韓国が輸出規制で対抗すれば、韓国と日本の被害はそれぞれGDPの3.1%、1.8%まで拡大するだろう」と予想した。 続いて「半導体材料不足が45%に拡大すると、被害も急増する」とし「韓国のGDPが4.2%、日本は0.04%減少し、もし韓国が対抗する韓国のGDPは5.4%、日本は1.3%減少しするだろう」と述べた。 チョ選任研究委員は、韓日紛争による最大受恵国に中国を挙げて、中国のGDPが0.5〜0.7%増加すると予想した。 一方で米国への影響は微々たるものと予想した。 チョンインギョ仁荷教授は「韓日通常の葛藤の根本的な原因は、過去の問題に対する政治的管理システムが壊れたため」とし「政治外交的な失敗で発生した問題を通商政策で対応するのは間違っている」と指摘した。 また、「産業貿易構造上、韓国が日本を制圧するのは難しいため、対抗して戦争を拡大する戦略は、国民に示す式の対応に過ぎない」とし「対話の議題を発掘し、韓日首脳会議で解決しなければならない」と提案した。 ホユン西江教授は「日本産不買運動と日本観光自制議論は、国民情緒上理解できるが、効果が不確実で、また別途の保護措置として認識され、日本政府に再報復の名分を提供することがある」と反対した。 イジュワンハナ金融経営研究所研究委員は「日本の輸出規制で素材の輸入承認手続きが90日がかかっても、最近の不況による半導体の在庫枯渇と生産量の削減で生産体制を維持できるだろうが、日本が承認自体を許さないと、産業全般に支障が発生するだろう」と憂慮した。 引用ソース https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=028&aid=0002460515&date=20190710&type=1&rankingSeq=2&rankingSectionId=101 ▼この記事をシェアする ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)  

Read more