「敬意なく乱暴」「国会殺伐」=野党質問に批判―自民

2020/02/20 15:17

 自民党各派の20日の定例会合で、主要野党の国会質問について、品位を欠くなどとして批判の声が上がった。

 岸田派会長の岸田文雄政調会長は「昔から野党は相手に敬意を持って厳しい追及を行った」と振り返り、「最近は敬意が全く感じられない。かなり乱暴な議論が行われている」と語った。

 二階派最高顧問の伊吹文明元衆院議長は「国会が殺伐とした感じがする。声を荒らげ、自分の作ったストーリーに合わせて人を批判することはあまりなかった」と指摘した。  

▼この記事をシェアする
ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)