【韓国】「駐留費は払わない!」在韓米国大使館前で松明デモ〜ネットの反応「国際条約?なにそれおいしいの?状態w」「魔女の館を焼き討ちする村人のノリやん」「ハリス大使、大丈夫? 在韓米国大使以下大使館員はすぐ逃げた方がいいと思う」

2019.12.01

警察が30日午後、ソウル光化門一帯で集会の現場で行われた一部の不法デモの疑いに対して、強硬対応の立場を明らかにした。

ソウル鍾路警察署は同日午後3時、光化門広場で開かれた「2019全国民の中隊会」で発生した不法デモの疑いについて「徹底的に捜査する」と明らかにした。民衆共同行動は、民主労総・韓国進歩連帯、貧民解放実践連帯など50余りの市民社会団体で構成された団体だ。

警察によると、同日の集会で一部の参加者は申告していないたいまつを使って消防当局の警告と消火措置を妨害した。米国大使館に向かって多数の靴を投げつけたりもした。

警察関係者は「警察が消火器を使ってたいまつを消し、網を利用して靴などを遮断するなどの措置を取った」とし「主動者および不法行為者を徹底的に捜査して司法処理する」と明らかにした。

民衆共同行動は集会で、米国大使館前で「駐留費払えない」と書かれた横断幕を盛り込んだ朴を爆発させるなどのイベントを開催した。この過程で一部の参加者たちは、朴ではなく米国大使館に向かって靴を投げつけた。警察が広場と米国大使館の間に警察バスを駐車し、網まで設置して靴は米国大使館に届かなかった。

民衆共同行動の一部デモ隊は、光化門広場から大統領府に行進し、たいまつをつけた。たいまつの使用をめぐって警察と衝突した。彼らは警察の警告にもたいまつに火をつけたが、結局鎮圧された。

民衆共同行動の関係者は、「(靴を投げつけた行為など)パフォーマンスをして発生するハプニングまで問題視すれば、表現の自由を侵害することになる」とし、「警察はこの様な対応を中止すべきだ」と主張した。

世界の憂鬱 海外・韓国の反応
http://blog.livedoor.jp/sekaiminzoku/archives/54076059.html

韓国メディア
https://m.news.naver.com/read.nhn?mode=LSD&sid1=102&oid=082&aid=0000962209

▼この記事をシェアする
ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)