立憲民主党の皇位継承「女性天皇、女系天皇、女性宮家創設を容認し、皇族復帰は認めない」

立民が「女系天皇」容認 国民との違いが浮き彫りに

立憲民主党は11日、「安定的な皇位継承を確保するための論点整理」を取りまとめた。皇位継承資格を「女性・女系の皇族」に拡大し、126代に及ぶ男系継承の伝統を改める考えを打ち出した。「女性宮家」創設の必要性も強調した。

立憲民主党の「論点整理」は伝統的な男系継承について「偶然性に委ねる余地があまりに大きい」と指摘した。また「現代における男女間の人格の根源的対等性を認める価値観は一過性ではない」などと明記した上で、女系天皇を容認すべきだと訴えた。皇位継承順位に関しては、男女の別を問わず、「長子優先の制度が望ましい」とした。男系を維持する手段として旧皇族を皇室に復帰させる案は明確に否定。

一方、国民民主党は女系天皇を「時期尚早」として認めず、改正案も男系を維持する内容だ。ただ、過去に10代8人いた「男系の女性天皇」の皇位継承は認める。きょうだいの中では男子を優先した。

皇統に関しては、共産党がすでに女性・女系天皇に賛成する立場を明らかにしている。

3党は参院選の32ある改選1人区の全てで候補を一本化したが、最重要の皇室をめぐり、「立憲民主党・共産党」と「国民民主党」の間で方向性の違いが表面化した。

(令和元年6月11日 産経新聞)

———————

立憲民主党は「偶然性の126代の男系継承を改め、現在の男女間の対等性は一過性ではないから、今後は女性天皇や女系天皇や女性宮家創設も容認し、皇族復帰は明確に否定する」考えを示した。

日本の國體を知らない人間を国会議員にするとこうなる。

特に立憲民主党は日本人じゃない帰化人が複数いて、日本の國體破壊を目論む集まりである。

立憲民主党と共産党は相容れない関係でも、目指す方向は同じであることがわかる。

国民の世論調査でも女系を支持・容認する声が多いが、これは男系や女系を理解していない現在の日本人に聞いても、男女同権の時代として皇室もそうあるべきという安易な考えによるものであり、國體を理解しての回答ではない。

立憲民主党は我が国の皇統は「偶然性」と言っているが、決して「偶然」ではない。

8方10代の女性天皇が子供を生まなかったのは男系を守るためであり、男子兄弟や皇子がない場合でも8親等や10親等の男系の血筋で継承されてきた。

これが偶然なのか?

皇紀2679年の世界に類を見ない126代の男系の皇統は決して偶然では出来ないことである。

これこそ先人達が命を賭けて守り抜いた國體である。

それを「現代における男女間の人格の根源的対等性を認める価値観は一過性ではない」という愚かな革命思想によって破壊されてはならない。

だからいま一度言う。

日本人ではない帰化人を国会議員にしてはいけない。

なぜなら日本の國體は日本人でなければ理解できないからである。

▼この記事をシェアする
ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)