佐藤浩市発言に小学館が談話発表、さらに炎上wwwwwwwwwwww

2019年05月13日18:59 / カテゴリ:マスコミ芸能
1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [KR] 2019/05/13(月) 18:17:47.76 ID:sSL++q0Q0
映画・空母いぶき巡る佐藤浩市発言…小学館「作品はフィクション。実在の人物ではございません」と発表

映画「空母いぶき」巡る佐藤浩市発言…小学館「作品はフィクション」

10日発売の漫画誌「ビッグコミック」に掲載されている俳優の佐藤浩市(58)のインタビューが「安倍晋三首相の持病をやゆしている」などと批判されている問題で、出版元の小学館は13日、「作品はフィクションであり、実在の人物ではございません」とする談話を出した。

問題とされているのは佐藤が出演する映画「空母いぶき」(24日公開)についてのインタビュー。佐藤は自身の総理大臣役について「最初は絶対やりたくないと思いました(笑)。いわゆる体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代の役者には残っているんですね」とした上で、「でも、監督やプロデューサーと『僕がやるんだったらこの垂水総理をどういうふうにアレンジできるか』という話し合いをしながら引き受けました」と経緯を説明。「彼はストレスに弱くて、すぐにお腹を下してしまうっていう設定にしてもらったんです」とも述べた。

一連の発言に対し、作家の百田直樹氏らがソーシャルメディアなどで疑問視している。

[報知 2019.5.13]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190513-00000142-sph-ent

※関連記事
映画で首相役の佐藤浩市さん「絶対やりたくないと思ったw」「ストレスに弱くすぐお腹を下す設定にしてもらった」「日本は常に”戦後”でなければいけない 」

▼この記事をシェアする
ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)