慰安婦:天皇に謝罪求めた韓国国会議長、発言の趣旨を説明~ネットの反応「火に油を注いだだけじゃねーか」「撤回も謝罪もしてなくてワロタw」「本音が知れてよかったよ」

慰安婦:天皇に謝罪求めた韓国国会議長、発言の趣旨を説明
2019/02/12 08:54 朝鮮日報

文喜相(ムン・ヒサン)韓国国会議長が、従軍慰安婦問題で「天皇(原文は日王)謝罪するのが)望ましいと思う」と発言して騒動になっていることについて、
「責任ある指導者の真摯(しんし)な謝罪が(重要だという)趣旨だった。韓日両国間の不必要な論争を望んでいないし、起こってもいけない」と11日(現地時間)に語った。

訪米中の文喜相議長は同日午前、ワシントンD.C.のホテルで記者らに「韓日のネットユーザーの間でも舌戦になり広がっているようだが、望ましい現象ではない」と述べた。

また、文喜相議長は「(明仁)天皇は戦争犯罪の主犯の息子」という言及について、
「戦争時の日本の国王の息子だという意味だ。重要な地位にいる指導者の心からの謝罪を強調する脈絡から出た表現だ。慰安婦問題は被害者たちが納得できるだけの真摯な謝罪が優先されなければならない。日本側は数十回謝罪したと言うが、私は見るに、そのようなことはない」と言った。

ソン・ドクホ記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

http://www.chosunonline.com/m/svc/photoview.html?contid=2019021280006

▼この記事をシェアする
ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)