TBSサンモニ「特定記者の質問を制限するのは国民の知る権利を狭めるもので許せない」←国民の知る権利を報道しない自由で阻害しているのはTBSである!

TBS「サンデーモーニング」(平成31年2月10日)では「特定記者の質問を制限」として、問題となっている東京新聞の望月衣塑子を擁護した。

———————
関口宏がこのようにニュースを紹介した。
「首相官邸、去年12月、東京新聞の特定記者が事実に基づかない質問を繰り返していると記者クラブに改善を求めた。これに対して新聞や通信社でつくる新聞労連が抗議声明を発表。『記者の質問権利を制限し、国民の知る権利を狭めるもので決して容認できません』。

東京新聞のその記者は2月8日、その申し入れについて質すと、菅官房長官は『質問妨害なんかやっていません。記者会の中に事実に基づく質問を協力依頼しているということであります』と言った」。

これに対するコメンテーターの発言。

松原耕二:「菅官房長官は質問の制限を加えるものじゃないと繰り返し言っているが、萎縮効果を狙ったものとしか読めなかった。東京新聞の記者には質問の最中に何度も進行役が『簡潔にお願いします』と口を挟む。要は煙たかった。
記者会見は何のためにあるのかと言うと権力側の為でもない、記者のものでもない、知る権利のある国民のためのものなんです。そういう意味では記者は萎縮せずに質問を続けることに尽きる」

谷口真由美:「官邸は印象操作や主観があると言っているが、この記者が話し出すと広報官が『早くやめてください』と言うわけです。明らかに狙い撃ちをしているかさらし者にしている。それって突かれたくないところを突かれているんだろうと感じる。
———————

望月は記者でありながら自分の”足”で記事を書くのではなく、週刊誌などをそのまま鵜呑みにして官房長官に質問する。

しかも1回の質問に一人で30分以上(通常10分以内)行い、まるで望月のための会見場になり、事実誤認の質問を繰り返し、しつこく何度も食い下がり、妨害行為、迷惑行為そのもので、会見を見れば非常識であることが誰が見ても分かる。

これに官邸側が改善を求めるのは当然である。

これは望月の売名行為そのものであり、望月のような無知を出入りさせていること自体、あり得ないことである。

しかしTBSサンモニはその“異常さ”を視聴者に知らせることなく、官邸側が「突かれたくないところを突かれている」から「簡潔にお願いします」「早くやめてください」と望月を「狙い撃ち」して「煙たがって」いたと報じた。

そして「記者会見は知る権利のある国民のためのもの」と断言した。

しかし、視聴者に対してこのニュースであれば、望月の異常な会見状態を知らせずに、官邸側を一方的に悪者にする印象操作のやり方はどうなのか?

「国民の知る権利」を狭めているのは反日TBSではないか!

特に、この日のTBS「サンモニ」は辻元清美の外国人献金は報じなかった。

献金したのは公安の調査対象となっている北朝鮮側の在日朝鮮人・林範夫と実名まで報じられている。

ネットをする人には当たり前のように知ることが出来ることを、テレビしか見ない人達にはその「知る権利」を「報道しない自由」で知らされることがないのだ。

国民に知らされるのは、望月の件のような番組側のバイアスがかかった「知る権利」とは程遠い“捏造”である。

これほど国民をバカにした話はない。

反日左翼の新聞労連や在日TBSが「国民の知る権利」などよく言えたものだ。

こういう事実がテレビでは伝えられないため、テレビしか見ない人達は騙され続けることになる・・・。

▼この記事をシェアする
ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)