自公政権、今国会での改憲案(自衛隊の明記など)の提示断念 野党に配慮

2018年12月06日10:00 | カテゴリ:未分類政治

1: ガーディス ★ 2018/12/06(木) 06:22:12.30 ID:CAP_USER9

憲法改正などを話し合う衆議院の憲法審査会の与党幹事らは5日、会合を開き、今の国会最後の定例日にあたる6日の憲法審査会の開催を見送ることを決めました。先週、与党側が開催を強行したことに反発した野党側から、“見送るべき”という申し入れがあったことに配慮した形です。

衆参両院の憲法審査会は、今国会で一度も議論を行わないまま、来週10日の会期末を迎えることになり、国民投票法改正案の審議や安倍総理が意欲を示してきた「自衛隊の明記」など、4項目の自民党“改憲案”の提示は、来年1月の通常国会以降に持ち越されることになりました。

全文は以下リンク先へ
[TBS 2018.12.5]
https://news.nifty.com/article/domestic/government/12198-139640/

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1544044932/

ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)