元SEALDs牛田悦正「就職できませんでした」 争奪戦になるとは何だったのか…

元SEALDsの牛田悦正がTwitterにて自身の就職活動がうまくいかなったと現在の正直な状況を吐露した。案の定の結果。 大阪府立大学の住友陽文教授はSEALDsを擁護。 大阪市立大学の増田聡准教授は「争奪戦になる」と発言。 こうした援護もあり、SEALDsメンバーは「就職できない」という周囲の声をただの脅しと突っぱね、反発し続けた。 しかし翌年、2016年に悲惨な現状に直面することになる。あれだけ強気だった牛田悦正が泣き言を言い始めたのだ。 2016年の記事:解散が決まったSEALDsのメンバー「働き口をください。助けてください」 なお、2016年の就職内定率は97.3%と過去最高値を記録し、就職できないのはわずか2.7%の人だけとなった。 ここで元伊藤忠の社長、丹羽宇一郎氏による証言を紹介したい。内定取り消しになった例があると発言しており、先ほどの教授たちの証言と真っ向から異なる。 内定を取り消されても学生は文句を言えないのが辛いところ。まさに自業自得なのだ。 その後、AERA(朝日新聞が運営)は2017年に元SEALDsの諏訪原健をインタビューし「SEALDsは就職できないはデマです」というインタビュー記事を掲載した。 一体どちらが本当なのか。しかし、元SEALDsで現在は会社に就職したという話は聞かない。 ちなみに五寸釘ほなみこと西穂波は大学受験を失敗してそのまま妊娠したとのこと。 また別の事例では政治活動をしていた女性が内定取り消しにあったという経験談を綴っていた。 SEALDsはすでに解散しており、当時の仲間とは離れ離れ。ひとりぼっちで無職になった牛田悦正は政治活動に加担したことを大いに後悔しているのではないか。もうこれから先ずっとSEALDsの元構成員として生きていくしかない。 【追記】 ▼この記事をシェアする ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)

Read more

【速報】安倍内閣支持52%、不支持37% 読売調査

2020年01月19日22:39 | カテゴリ:マスコミ政治 1: 首都圏の虎 ★ 2020/01/19(日) 22:21:13.54 ID:BJtjV/dL9.net 読売新聞社が17~19日に実施した全国世論調査で、安倍内閣の支持率は52%となり、前回調査(昨年12月13~15日)の48%から上がった。不支持率は37%(前回40%)。政党支持率は自民党41%(前回37%)、立憲民主党7%(同6%)などの順。無党派層は39%(同44%)となった。 2020/01/19 22:00https://www.yomiuri.co.jp/election/yoron-chosa/20200119-OYT1T50122/ 14: 名無しさん@1周年 2020/01/19(日) 22:24:07.62 ID:KqgrOKpx0.netアベノセイダーズの頑張りすぎwww 46: 名無しさん@1周年 2020/01/19(日) 22:31:17.93 ID:j0xthxtL0.net野党が馬鹿過ぎて安倍が高笑いwww 5: 名無しさん@1周年 2020/01/19(日)

Read more

中国官僚「日本と韓国と北朝鮮か。。三匹まとめて相手しても圧勝するんだよなぁ。まずはどこ植民地にしようかなー?」

中国官僚「韓国と日本と北朝鮮かぁ。三匹まとめて相手しても圧勝するんだよなぁ。まずはどこ植民地にしようかなー」 1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/17(金) 13:30:50.270 ID:kqF2gxc6a今こんな感じらしいね 2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/17(金) 13:31:48.658 ID:nec5LFNwM韓国と北朝鮮を分けて考えてるわけない 3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/17(金) 13:32:08.533 ID:kmozUbMtr日本と韓国には米軍がいるから大丈夫やで 10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/17(金) 13:35:54.986 ID:mLJJmOad0>>3そういう問題じゃないぞ日本国民になりすまして中から潰してくるこの間の台湾で親中派が40%以上居たのは中国人の工作員が沢山いるからそして沖縄は中国人だらけらしい 14: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/17(金) 13:38:05.491

Read more

自民・河村建夫「東京五輪に文大統領に来てほしい」

2020年01月17日15:14 | カテゴリ:自民党 1: 動物園φ ★ 2020/01/17(金) 11:54:21.61 ID:CAP_USER.net 「平昌五輪に安倍首相が行ったので東京五輪には文大統領に来てほしい」河村建夫日韓議員連盟幹事長=写真=は16日、「文在寅(ムン・ジェイン)大統領が今夏の東京五輪に出席すれば、両国関係改善のきっかけになるかもしれない。特に五輪・パラリンピックを一つの出発点として首脳会談を開き、交流・協力問題を話し合うのが望ましい」と述べた。同日、ソウルを訪問して本紙とのインタビューに応じた河村幹事長は「日本側からは(2018年の)平昌冬季五輪に安倍晋三首相が出席しただけに、当然、今回は文在寅大統領が出席してくれることを期待している」と語った。 河村幹事長は文喜相(ムン・ヒサン)国会議長や李洛淵(イ・ナクヨン)前首相などに頻繁に会い、両国関係の改善策を話し合ってきた。文喜相議長が昨年11月、韓日企業と両国国民の寄付で財団を作り、徴用被害者に慰謝料を支給するという案を出すと、これを積極的に支持した。文喜相議長はこれを基に、先月「記憶・和解・未来財団」の設立に関する法案を発議した。 河村幹事長は「文喜相議長に会って関連法案の進捗状況や苦情を聞くために来た。韓国の総選挙が目前なのでそれに対する気がかりもあるが、文喜相議長は非常に努力している」と述べた。この日、文喜相議長と非公開で面談した河村幹事長は「徴用被害者を支援する人々や団体の90%くらいから(法案の)賛成を得た。残りの10%の賛成も得るために説得していこうとしていると聞いた」と語った。また、「日本企業の資産が売却されれば、両国関係を元に戻すのが難しいので、急いで解決しようと努力している」と言った。 河村幹事長は「徴用賠償問題は1965年の請求権協定で解決したというのが日本政府の基本的な立場だ。日本も過去のことを忘れてはならないと考えるが、徴用問題でも未来志向的な韓国政府の姿勢が必要だ」「文喜相案が国会を通過し、そうした対話が行われれば、安倍首相も両国関係を戻すのに何の問題もないだろう」「ホワイトリスト問題(輸出規制問題)はかなり協議が進んでおり、協議がなされれば復元はそう難しくない」とも語った。 http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/01/17/2020011780003.html 3: (´・ω・`)(`ハ´  )さん 2020/01/17(金) 11:55:15.60 ID:3cJsyU8v.net笑えるパフォーマンスを期待したい!w 7: 新種のポケモン ◆wl59mComes 2020/01/17(金) 11:56:05.61

Read more

大阪市ヘイト抑止条例は「合憲」…大阪地裁が全国初の判断

ヘイトスピーチ(憎悪表現)を規制する大阪市の条例は憲法で保障された「表現の自由」を侵害し違憲だとして、市民8人が市に対し、条例に基づき支出された公金の返還を求めた住民訴訟の判決が17日、大阪地裁であった。三輪方(まさ)大(ひろ)裁判長は、条例による表現の自由の制限は「公共の福祉のため容認される」として合憲との判断を示し、原告側の訴えを棄却した。  原告側代理人によると、ヘイトスピーチ規制についての憲法判断は全国初。大阪市は国のヘイトスピーチ解消法に先駆け、平成28年から独自の抑止条例を施行しており、ヘイトスピーチだと認定した表現活動について削除要請や表現者の氏名公表などの拡散防止措置を実施している。  判決理由で三輪裁判長は、条例で規制することは一定の表現活動の抑止につながり「表現の自由を制限する」と言及。だが、ヘイトスピーチが拡散することで特定の人種や民族への差別意識をあおり、誹(ひ)謗(ぼう)中傷や暴力行為に進展することも容易に想定されるとし、「規制を必要とする程度は高い」とした。  その上で、条例に基づく拡散防止措置は(事前の差し止めではなく)表現活動の後に行われ、有識者審査会へ諮問されていることなどから、「公共の福祉のため、合理的で必要やむを得ない限度の制限」だと結論づけた。  原告側は「定義があいまいで、表現活動の萎縮につながると主張してきたが判決は踏み込まなかった」として、控訴する方針。松井一郎市長は合憲判断を歓迎し、「生まれや国籍で人を否定する表現はなくなるべきだ」と述べた。 ▼この記事をシェアする ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)

Read more

日韓関係が悪いと叩かれ、解説すると反日に…金慶珠氏が激白

2020/01/16 18:29 【小泉カツミ】韓国人コメンテーター・金慶珠が激白「私って嫌われ者でしょうか?」 日韓関係の状況が悪いと、叩かれる 日韓問題に揺れる中で韓国人コメンテーターとしてテレビのワイドショーや討論番組に出演している金慶珠さん。彼女は一方で東海大学教養学部国際学科教授の学者でもある。テレビでは、韓国の事情について詳しく解説する金さんだが、どうもヒール(悪役)的な存在に思われることが多いように思える。 いったい素顔はどんな人物なのか。直撃インタビューを試みた。 「自分がヒール役だとはまったく気づいてなかったですね(笑)。普段の私は可愛げがあり、突っ込みがいのある女性と言われますよ。むしろ周りもそういう印象なのかと思っていましたが、バトル系の番組でヒールな感じで扱われるのはなんともショックなんです。私はお茶目で『乙女』なんですよ」 開口一番、金さんの口をついて出てきたのはそんな言葉だった。 「おそらく『TVタックル』に出演するようになったあたりでしょうね。私にそんなイメージがついたのは」 政治を題材にした討論バラエティ番組『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)は、ビートたけしが司会を務める長寿番組である。金さんは、2007年頃からたびたび出演するようになっていた。 「その当時って、韓流ブームが終わり、竹島問題が注目され、『嫌韓論』が一気に吹き出した頃でした。韓国は面白くて好き、でもやっぱり嫌い、という人たちがいるような葛藤の時代だった気がしています。そこに私がちょうどメディアに出はじめてきたんですね。私としては、大学で学者としての仕事をスタートし始めた頃で、とにかく韓国についての情報発信したいという思いが強かったんです」 気がついたら「野獣」に当番組では、金さんとゲスト出演者との白熱した議論がたびたび話題になった。 「私にしてみれば、とにかく自分でしか発言できないことを説明していただけ。そもそも私はヒールだからヒール役で出演したんじゃなくて、テレビという構図の中で、善玉、悪玉の役割が必要で、彼ら(制作側)が思う悪玉にたまたま私がハマったのだと思います」 金さんは、そうしたメディア構造を、人間と野獣が戦う古代ローマの円形闘技場コロッセウムに例えた。 「私は、自分はソルジャーだと思って一所懸命頑張っていたのに、気がついたら野獣にさせられていたんですね(笑)」 大衆は観客席から「殺せ殺せ」と大声をあげる。 「とすると、野獣としての戦いぶりがあるだろうと思った。それを誰かがちゃんと見てくれたら、真実が伝わるかもしれない。だから、私に信念があるかどうかが、単なるイロモノで扱われるかの分かれ道なんですね。嫌われ者、ヒール役と言われても、それでも動揺せずに済んだのは、私には悪意がなかったから。悪玉と言われても、自分の利益のためにやっていることではなかったからだと思います。 そもそも私がテレビに出る理由は、情報発信ですからね。好きか嫌いかとか正しいか正しくないかを決めるのは私の役割ではない。『実はこうなんです』ということを私にしか見えない何かを伝えていく、というのが私の役目だと思うからなんです」 それでも悔しいと思うこともあった。 「一所懸命やればやるほど悪玉になっていく、という矛盾もありました。一所懸命なぶん叩かれる。すると『よし、今度こそ』という強い思いも出てくる。そういう空回りの時代もずいぶんありました。 だったら、私に与えられる舞台が悪玉なら、それはそれでこなすしかない。私としては、修行のつもりで出てましたね。おかげさまでずいぶん叩かれ強くなりましたけどね(笑)」 韓国で生まれ、日本で育った金さんは、韓国ソウルで生まれた。1974年、7歳の時に父親の仕事の関係で家族で来日。父親は韓国の銀行に務めていて、関西にあった支店に配属となったのだ。 「小学校2年生で来て、6年生まで日本にいました。公立の普通の小学校でしたね。言葉もまるでわからなかったけど、子どもだったのですぐ覚えました。3年生の頃はほぼ会話に困ることはありませんでした。クラス替えの時に『寂しいね』と友達と話したのを覚えています」 そして小学校卒業と同時にソウルに戻り、ソウル市内の中学に進学した。 「向こうに帰ったら、年配の先生が、歴史の授業で『日本は悪い国だ』とか言うので驚いたんです。うちに帰って母親に『お母さん、日本って悪い国なの?』と泣きながら聞いたらしいんですね。『悪くないのにぃ』なんて言ってたみたい。

Read more

「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)

2020.01.17 1月16日付の朝日新聞の社説には驚いた。 あいちトリエンナーレの「表現の不自由展」に登場したような「芸術作品」を、公的に支援するように求める内容だったからだ。 「表現の不自由展」が強い批判にさられているのは、朝日新聞が言うような「芸術に政治論争や社会問題を持ち込むべきではない」という考え方からではない。 政治論争や社会問題を扱うやり方としても、許されるやり方と許されないやり方があるということを、朝日新聞は意図的に避けて、論点をずらしている。 自分の大切にするものであれ、他人が大切にするものであれ、どちらが傷つけられるのを見るとしても、普通の人には心が痛いものだ。 そういう多くの人の心に痛みが生まれるようなものの扱いは、慎重であるべきではないのかというのが、本来の論点だ。 確かにそういうものでも見たい人はいるのだろうし、それを「芸術」だと強弁するなら、そうだとしてもいい。 表現の自由とは、そういう一般には受け入れられない表現であっても、当人が行いたいのであるなら、私的に勝手に行う分には、国家権力の差し止めを受けることはないというものだ。 だが、大半の人に嫌悪感をもたらすものに公費を投入できるかどうかは、表現の自由とは別次元の問題だ。 一部の特殊な人しか楽しむことができず、大半の人が不快な思いをするようなものに、どうして公費を投入すべきということになるのだろうか。 朝日新聞は、特攻隊員を「間抜けな日本人」と揶揄することが、大半の人々に支持されることだと考えているのだろうか。 同様に天皇陛下の御真影を燃やし、土足で踏みつけるような行為が、大半の人々に支持されることだと、朝日新聞は考えているのだろうか。 だとしたら、朝日新聞は精神異常者の集まりだと言わなければならなくなる。 繰り返すが、自分の大切にするものだけでなく、他人が大切にするものであっても、傷つけられるのを見れば心が痛くなるというのが、普通の人のあり方だからだ。 朝日新聞は、朝日新聞で慰安婦記事を書いた植村氏の写真を燃やすような映像を、果たして公費を投入して支えるべき芸術だと認めるのだろうか。 事実と異なる記事を書き、日本の名誉を大いに傷つけた植村氏や朝日新聞のあり方を批判的に考えるのは、社会的には大いに意味のあることである。 それと絡む芸術作品を作り上げることも可能であろう。 それでも、植村氏の写真を燃やすような作品は、公費投入の対象とすべきではないだろう。 それは、仮に自分が否定したい人間であっても、その写真を燃やすような行為は、多くの人には決して心地よいものではないからだ。 だが、このような場合が起こった場合には、朝日新聞はそうした論点からこの問題を捉えるのではなく、声高に「人権」を振り回して、「ヘイト」だと叫ぶのであろう。 それは容易に想像がつく。 そのくせ、昭和天皇の御真影を燃やす映像は「芸術」だという扱いにし、「もっと予見なく、おおらかに、作品と向き合ってみたらどうだろう」などと軽口を叩くのだ。 朝日新聞のダブルスタンダードぶりには辟易とする。 ※

Read more

《独自》弘中弁護士に懲戒請求 ゴーン被告逃亡「故意か重過失」

2020/01/16 18:29  レバノンに逃亡した日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)の弁護人、弘中惇一郎弁護士に対し「故意か重過失により出国させた」として東京弁護士会に懲戒請求が出されていたことが16日、関係者への取材で分かった。  関係者によると、懲戒請求書では弘中氏について「保釈中のゴーン被告を故意か重過失により出国させてしまったことは、保釈条件違反であり、その管理監督義務を懈怠(けたい)する行為」と指摘。保釈は弘中氏らが逃亡させないことなどを条件に裁判所が許可したものであるとし、「結果的に逃亡を許してしまい、国民の司法に対する信用失墜および刑事司法の根幹を揺るがしかねない事態を招いたことは重大な非行に該当する」としている。  逃亡発覚後の弘中氏の対応について「話すことはないという態度も無責任極まりなく当事者意識の欠如と言える」と非難。弘中氏らが逃亡に関与した疑いもあるとして同弁護士会に調査を求めた。弘中氏は逃亡が発覚した当初、「保釈条件に違反する許されない行為だが、気持ちが理解できないかと言えばそれは別問題だ」などと話していた。  懲戒請求について弘中氏の事務所は産経新聞の取材に対し「コメントすることはない」としている。  弁護士に違法行為や品位に反する行為があった場合、誰でも所属する弁護士会に懲戒を請求できる。綱紀委員会で調査した上で懲戒委員会が処分を決定。重い順に、除名▽退会命令▽業務停止▽戒告-がある。  弘中氏は過去に東京地検特捜部などが手がけた著名事件などで弁護人を務め、「無罪請負人」の異名を持つことで知られる。  ▼この記事をシェアする ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)

Read more

韓国人観光客は25.9%減るも…2019年の訪日消費が4兆8千億円で7年連続で過去最高に 1人当たりの消費額はオーストラリアが最高の24万9千円。次いで英国24万2千円、フランス23万8千円〜ネットの反応「中国人の爆買いって、マスコミの作り話だったの?」

2019年に日本を訪れた外国人旅行者の消費額は前年比6.5%増の4兆8113億円で、過去最高を7年連続で更新した。1人当たりの消費額は3.5%増の15万8千円だった。 観光庁が17日、速報値を発表した。19年の訪日客数は2.2%増の3188万2千人。同じく7年連続で過去最多となったが、韓国人客は25.9%減の558万5千人と大きく落ち込んだ。  東京五輪・パラリンピックがある今年の訪日客数を4千万人、消費額を8兆円とする政府目標との隔たりは大きい。  国・地域別1人当たり消費額はオーストラリアが最高の24万9千円。次いで英国24万2千円、フランス23万8千円。 https://this.kiji.is/590853632518964321 ▼この記事をシェアする ご視聴ありがとうございました(*‘∀‘)

Read more

【韓国】大学に文在寅大統領を批判する壁新聞を貼った学生を逮捕

2020年01月16日21:00 | カテゴリ:韓国 北朝鮮 1: ペルシャ(大阪府) [US] 2020/01/16(木) 20:41:22.94 ID:BRxf7ojr0.net <韓国で大学の掲示板に文在寅大統領を批判する内容の壁新聞を貼り出したところ、「建造物侵入罪」で起訴され問題となっている ……> 最近、韓国である大学生が起訴された、起訴容疑は「建造物侵入罪」。学生は大学内に入り掲示板に文在寅大統領を批判、風刺する内容の壁新聞を貼り出したのだが警察がこれを私的な空間への無断侵入として送検、検察もこれを認め起訴に至ったのである。 この事件は韓国内でも話題となった。表現の自由を弾圧するものではないかという批判、そして普段大学のキャンパスは近隣住民にも開放されている空間で、学生が壁新聞を貼った日も誰もが自由に出入りできる状況だったのにそれを起訴するのはやり過ぎだという声が上がったからだ。 これに対し警察は「大学からの捜査依頼があったためだ。大学側の意志に反し入ったのであれば侵入罪が成立する」と反論したが、程なくこの警察の説明が嘘であったことが判明した。大学側が「捜査を依頼したり、告訴したりした事実はない」と明確に否定したためだ。 政権への「忖度」が働いていたのかどうかは分からないが、警察は何としてもこの学生を起訴したかったのだろう。だからこそ、壁新聞を直接問題視して捕まえれば「表現の自由」を抑圧するという批判が起こることを見越して「建造物侵入」という別件捜査によって送検したのだ。だが結果として、大学側の否定により、強引な捜査だったということが明るみにで、恥をかくことになった。 続きは以下ソースhttps://www.newsweekjapan.jp/amp/che/2020/01/post-1.php?page=1 5: デボンレックス(西日本) [JP] 2020/01/16(木) 20:42:26.42 ID:pUr7CZsF0.netこれぞ独裁者 7: コーニッシュレック(北海道)

Read more